銀行

日焼けしてしまった時のケア方法|医療脱毛乙女旅

日焼けしてしまった時のケア方法

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛を比較

医療脱毛を行う際の注意点の一つに日焼けがあります。
施術前後は肌をなるべく太陽の下にさらさないようし、
外に出る時は日焼け止めを塗るようにしないといけないです。

 

理由は医療脱毛で使用している機械はレーザーなので
黒い物に反応させて施術していくからです。

 

その為皮膚が黒く焼けているとムダ毛と区別が付かなくなるため、肌まで照射してしまう可能性があるのです。
そのため出力を下げて行ったり、あるいは施術そのものをお断りする場合もあります。

 

せっかくここまで永久脱毛目指して計画的に処理をしてきたのに、
日焼けしてしまったがために施術出来ないなんて事になってはもったいないです。

 

また日焼け後の肌はとても乾燥しているため、肌が痛みやすいです。
ですからもし施術ができたとしても肌を傷つける可能性もあり良くないです。

 

 

 

でも頑張って日焼け止めクリームを塗っていたけれども焼けてしまったと言う場合もあるでしょう。
その時は日焼けした肌を速やかにクールダウンしてください。
日焼けは低火傷のようなものなのでとにかく良く冷やします。

 

そして水分が足りなくなっている肌に化粧水や保湿ジェルでたっぷりと潤いを与える事が大事です。
次の施術日までに火照りと赤みを抑え、肌のコンディションを整えておくことが大事なので、
毎晩の保湿ケアをいつも以上に行いましょう。

 

 

脱毛がNG部位もある!?

 

医療脱毛はどこの部位でもできるのでしょうか?
施術をするにあたり気になりますよね?
一昔前までは医療レーザーで行える部位と言うのは限られていました。

 

しかし高度な機械が登場し、今では出来ない部位はほとんどないです。
しかしそうは言っても医療脱毛で使う機械は認定されている医師のいるクリニックでしか扱えないほど、
高度な技術が必要です。

 

また出力もサロンやエステとは比べ物にならないほど高いです。
もちろんそれだけ効果も高いですが、
皮膚が薄いまぶたや色素沈着のあるほくろや色素の濃い乳輪には強すぎる為、
レーザーを当てる事は出来ないです。

 

また肌が傷ついている場合もその部分は避けて施術する可能性が高いです。
これらの部位については施術前のカウンセリングで医師と確かめながら除外します。

 

さらにもし何かあった場合も医師や看護師が常駐しているため、
直ぐに対応してもらえるのが医療脱毛の良いところなので、
安心して施術を受けられます。

 

ですからそれほどクリニックで行う際に出来ない部位を考える必要はないのですが、
気をつけないといけないのは日焼けしている人です。

 

医療レーザーはメラニン色素に反応させて施術を行う為、
黒い肌には必要以上に熱があたり火傷を負う可能性がありますし、
毛根を見つけられない事があります。

 

脱毛サイクルを崩さない為にも日焼けには気をつけましょう。