銀行

医療用レーザー脱毛器の種類|医療脱毛乙女旅

医療用レーザー脱毛器の種類について

医療機関によって脱毛器が違いますので、レーザー脱毛がおすすめ!といっても
それぞれの導入機器をまずはチェックしてみてください。

 

人気のクリニックによっては、いくつか導入しており、部位や毛質によって使う機器を
変えたりします。

 

【一般的な脱毛器】
・ダイオードレーザー
・アレキサンドライト
・YAGレーザー
・ルビーレーザー

 

この中でも、アメリカのFDAから認められているのがダイオードとアレキサンドライト
ですが、ダイオードレーザーは産毛に対しても効果があるので良い反面痛いという
デメリットがあります。

 

しかし、最近ではこのデメリットを解消した「ライトシェアデュエット」が開発されて、
「痛くない」という口コミも増えてきました。

 

このライトシェアデュエットですが、この他にも照射範囲が広かったり、永久脱毛と
して認められていたりとレーザー脱毛としてかなりおすすめなので、クリニックを
探す時にはこのレーザ脱毛器を導入している医療機関をぜひチェックください。

 

レーザ脱毛器の種類によって痛みや時間も変わってきますので、比較をする時には
料金やキャンペーンだけではなく、施術についてもきちんと確認していきましょう。

レーザー脱毛施術後に気をつけるべきこと

どんなに良くてレーザー脱毛がおすすめだとしても、肌に負担をかけないものはありません。

 

施術後に冷やしてくれたり、アフターケアをしてくれたり、皮膚の状態によっては薬が処方されることがあります。

 

当然ですが、処方された薬がある場合は必ず医師の指示を守ってください。

 

 

またレーザー脱毛後におすすめなのが「冷やす」ことと「保湿」です。

 

施術後のお肌は刺激や温めること、紫外線はNGで、お風呂はやめてシャワーに
することと、季節問わず日に焼けないように気をつけましょう。

 

そして脱毛は乾燥していると痛みが強くなったり、施術が行えない場合もあるので
きちんとつねに保湿をすることが大切です。

 

脱毛サロンなどでは、高額なスキンケアを勧められることがありますが、基本的に
保湿効果があれば普通のもので問題ありません。

 

初めての脱毛でいろいろと不安があることもありますが、もうひとつ気をつけたいのが
きちんと抜け落ちるまで待つと言うことです。

 

照射漏れがあったのでは?とか、ムラがある気がする・・・と自己処理をしてしまう方が
いますが、きちんと状態を見て抜け落ちなかったり、気になることがあったらまずは
先に相談をするようにして下さい。