銀行

レーザーのVIO脱毛について|医療脱毛乙女旅

レーザーでVIO脱毛する

ワキに続き、脱毛する人が多い部位が「VIO」です。

 

デリケートゾーンと呼ばれるこの部位ですが、脱毛サロンで施術をしたけどなかなか効果がでなくて、クリニックに変わったと言う口コミがよくあります。

 

光脱毛では痛みは軽減されたとしても、その分出力が弱くては効果が出ないのでレーザー脱毛の方がおすすめなのです。

 

でも、医療脱毛って痛いのでは?と思うかもしれませんが、クリニックの場合は麻酔を使うことができるので、痛みが不安ならテスト照射して麻酔をするか考えれば良いのです。

 

「痛みがない」「無痛」と聞いてサロンにしたけど、効果がない・・・とか痛みに耐えられなくて・・・となっては、いくら低料金や通い放題でも意味がありません。

 

 

またVIO脱毛をするということは、デリケートな部位なので危険行為でもあるのです。

 

これだけ有名になって施術する人が増えてきたので、脱毛部位として当然のように
なり低料金化していますが、プランやコース、料金だけではなく、信頼や実績で
選んだ方が安心です。

 

特に無制限だとしても、ずっと通い続けることを考えれば、クリニックで短期間で
確実に脱毛をした方が良いですし、自己処理で黒ずみや色素沈着を気にして
いるのであれば、早めにプロにお任せしましょう。

レーザー脱毛を受けられない場合

脱毛をするならレーザー脱毛がおすすめですが、残念ながら施術をうけられない方もいます。

 

⇒生まれつき『アレルギー』があったり『ケロイド体質』の方は残念なから脱毛自体が
出来ない場合があります。

 

医師に相談をしてテスト照射をしたり、カウンセリングをしたうえで決めなくては
いけないので、エステサロンではなくクリニックに行くようにして下さい。

 

 

 

⇒また『アトピーや乾燥肌の方』も肌の状態によっては無理な場合があります。

 

実は肌トラブルなどを気にする方はレーザー脱毛がおすすめな場合もあるのですが、
肌が乾燥していると痛みが増すだけではなく、サロンでも断られることがあります。

 

同じように『日焼け』をしている方も脱毛できない場合がありますが、この場合は
日焼けが落ち着けば施術を行うことができますし、日焼けに注意すれば問題ありません。

 

 

 

⇒最後に、毛抜きなどを使って毛を抜いている方も時間を置いてからになることがあります。

 

毛周期が狂ってしまうと、照射しても思うように効果が出ないので、効率が悪くなり
お金と時間が余計にかかってしまうからです。

 

 

 

脱毛ができるかできないかは、無料カウンセリング時に肌状態を見て決めるので、
まずは素直に今の状態を伝えるようにして下さい。